信用取引の仕組みを理解しよう!

そもそも信用取引って何だ?

株式投資において一般的な取引である現物取引と信用取引というものがあります。
現物取引は持っている資金の分だけ取引が出来るというものであり、当然所持している資金を超えた取引というのは出来ないものです。
では信用取引ですが、これは現物取引と違い持っている資金を超えた取引が可能なものになります。信用取引では最大で3倍の取引がレバレッジ効果により可能になるのです。
具体的にはどういうことかというと、自信の資金や所有する株式などを担保にするということになります。これによって証券会社から超えた分の資金を借りて投資をするので資金以上の取引が可能になるということです。
メリットもデメリットもありますが、仕組みとしては借金をして投資するという形です。

信用取引をするメリットは?

信用取引は自己資金以上の投資が行えるということでリスキーなイメージを持つ方も多いものですが、メリットも少なからず存在します。
ではそのメリットとはどういったものなのかですが、まずは持っている資金以上の取引が出来るということで、これにより得られる利益も増加するということになります。
もう一つは空売りが出来るということです。空売りとは現物取引のように上がることで利益を得るのではなく下がることで利益が出るというものになります。
この空売りの仕組を利用することによって株価変動に関係なく手数料のみで株主優待を受けられることになりますので、株主優待の内容によってはそれだけで十分な利益にすることが出来るのです。
ただし、信用取引には精算の期限や追い証が必要になるなど、きちんと管理していないと危険な取引でもあります。

信用取引の保証金とは、信用取引を始めるにあたって必要な資金です。現金だけでなく株式や投資信託を保証金とすることも可能です。