信用取引をマスターして、株式取引の上級者になろう!

株で大きな利益を上げている人は信用取引を使っている

株取引のもっとも基本的な方法は、証券会社と契約して口座を開設し、そこに現金を入金して上場されている株を購入するという方法です。この買い方は現物取引と呼ばれています。
しかし、株で大きな利益を出している人は、現物取引のほかに信用取引という方法を使って売買を行っていることがほとんどです。では、信用取引とはどのような売買方法なのかというと、証券会社からお金や株券を貸してもらうという方法で、口座に入金したお金よりも大きな資金、具体的には三倍の資金で取引ができるというものになります。たとえば、自己資金が100万円の場合、現物取引だと100万円分の株しか買えませんが、信用取引であれば300万円分の株取引が可能になるのです。

信用取引のポイントは空売り

また、信用取引で大きな利益が期待できるのは元手よりも大きなお金が取引できるからだけではありません。空売りができるという点もポイントになります。空売りとはなにかというと、取引開始の時点で株を買うのではなく、証券会社から株を借りてそれを売ってしまい、期限内に証券市場で売った分を買って、証券会社に返すという取引のことです。
なぜこの方法で利益が出せるのかというと、たとえば一株100円の株を1000株、証券会社から借りてそれを売ると10万円のお金ができます。一ヶ月後、この株の値段が一株10円に暴落した場合、一万円で売った1000株を買い戻すことができます。あとは、この1000株を証券会社に返せば貸し借りがなくなり、手元には9万円のお金が残り、これが利益になるわけです。